長居植物園で探鳥

長居植物園をマイ・フィールドに決める

久下氏大泉緑地で探鳥トレ-ニングをしていただいたり、バードウォッチング・ツアーの湖北の水鳥と猛禽類を楽しむに同行したりして、バードウォッチング入門者から初心者のレベルにステップ・アップしたと自覚した頃に、マイ・フィールドを決めてバードウォッチングをすることも必要と思いました。
自宅から最も近い都市公園は長居公園なので、長居公園の中にある長居植物園をマイ・フィールドとすることにしました。

大池の小島

長居植物園で探鳥

大池にある小島のような所で何かが動いてました。

ツグミ

双眼鏡で確認するとでした。なかなか飛び立たずに、ひょこひょこ歩き回っていました。

池の淵をチェック

池の淵をチェック

池の淵の茂みや、池の上に張り出した木の枝は必ずチェックするように、久下氏から教わっています。

カワセミ

池の淵の茂みにある、池の上に張り出した木の枝にが現れました。

カワセミ

近くの別の木の枝に飛び移りました。

カワセミ

その後、池の反対側の木の枝に止まりました。

カワセミ

この木から小魚を狙おうと思ったのか、しばらくこの枝で落ち着いていました。くちばしの下の部分が赤いのでメスのです。

木の上

アトリ

が観察しにくい茂みの中に入ったので、池を離れて歩いていると、木の上から鳥の鳴き声が聞こえたので見上げるとが数羽いました。スズメよりも少し大きい冬鳥です。

林間の野鳥たち

林間に入ると、多くの鳥の鳴き声が聞こえますが、なかなか姿を捕えることは出来ませんでした。木の枝から木の枝へとせわしなく移っていきます。こういった場所で、的確に観察できるようになるのが、これからの課題の一つです。
この日は、約2時間の探鳥でした。

バードウォッチングに関する気付き

・植物園は多くの野鳥が集まってくる。(植物園の内と外では、野鳥の数が全く異なりました)
・池の淵は必ずチェック

バードウォッチング ツアー

初めての方でも楽しめる、野鳥ガイド 久下直哉氏 と行くバードウォッチングのツアーです。

バードウォッチング ツアー

バードウォッチング ツアー 一覧のページ

バードウォッチング基礎知識

長居植物園の場所と行き方

 ⇒ 大きな地図で見る

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。