双眼鏡の調整方法

バードウォッチング基礎知識 双眼鏡の調整

双眼鏡を正しく調整して、正しく使用することはバードウォッチングでは重要です。調整が正しくないと、見にくかったり目が疲れやすくなります。

ストラップ

双眼鏡の落下防止のためにストラップは必ず首に掛けます。
ストラップの長さは、胸の少し上になるぐらいが歩きやすく操作も楽です。
長すぎると、安定が悪く歩く時に邪魔になり、短すぎると、いざ鳥を見る時に目の位置に持っていきにくいです。

目当ての調整

接眼レンズのところにある目当ての長さを調整しましょう。

  • 裸眼やまつ毛が長い → 長く(引き出す)
  • メガネをかけたまま → 短く(引き出さない)

目当ての調整

目当ての調整が合っていないと「ケラレ」(周りが黒くなる)が発生します。

目幅の調整

目幅の調整

双眼鏡を両目で覗いて、レンズの幅が自分の目の幅に合うように調整しましょう。

目幅の調整

視野が「1つの円」になればOKです。目幅が合っていないと、距離感が掴みにくかったり、眼が疲れます。

ピントを合わせる

ピントを合わせる

ピントリングを回して、対象物がはっきり見えるように調整します。

視度調整

左右の視力が異なる場合は「視度調整」が必要です。
左右の視力が異なる場合でも、コンタクトレンズやメガネで調整をしていて、左右の視力が同じになる状態で使用する場合は「視度調整」をする必要はありません。
「視度調整」の方法は、お使いの双眼鏡の説明書で確認ください。

双眼鏡の使い方

双眼鏡の調整ができたら、次は双眼鏡の使い方です。
双眼鏡の使い方 のページ

監修・写真提供:久下直哉 氏

 


バードウォッチング ツアー

初めての方でも楽しめる、野鳥ガイド 久下直哉氏 と行くバードウォッチングのツアーです。

バードウォッチング ツアー

バードウォッチング ツアー 一覧のページ