ヨーロッパ、アメリカ、アジアなどの登山や山歩き 絶景の大自然の中のトレッキング 世界遺産をハイキングする ネイチャー専門のツアー会社

テオティワカン

LINEで送る
[`yahoo_users` not found]

古代都市テオティワカンを訪れるツアー

メキシコ トルーカ山 イーグルピーク登頂とピラミッド遺跡&カンクンリゾート 7日間

古代都市テオティワカン

世界遺産 古代都市テオティワカン:1987年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録

古代都市テオティワカン

テオティワカンは、メキシコ中央高原に、紀元前2世紀ごろに建設され古代メソアメリカ最大の宗教都市国家として栄える。
当時、東ローマ帝国の都コンスタンティノープルにも匹敵するほどの規模であったが、7世紀半ばに突如、滅びてしまう。
その原因は、諸説あるが未だに不明である。

13世紀になり、廃墟となったこの古代都市をアステカ人が発見し、あまりにスケールの大きい建造物が人の手によるものとは信じられず、この土地は神々が暮らした土地だと信じ、テオティワカン(神々の集う場所)と命名。
この地は、アステカ人にとって聖地として繁栄を取り戻す。

テオティワカンの太陽のピラミッドは、世界で3番目の大きさと言われており、神殿を加えると74mの高さがある。
未発掘部分も含めて全長5kmある「死者の大通り」や、テオティワカンの全貌を一望に見渡せる月のピラミッドなど、見るものを圧倒する遺跡が数多くある。

文字記録が残っていないため、テオティワカンは、まだまだ謎の多い遺跡である。

主な遺構及び建造物

・太陽のピラミッド (高さ65 m、底辺222 m×225 m)
・月のピラミッド (高さ47 m、底辺140 m×150 m)
・死者の大通り (南北に貫く都市のメインストリート 長さ4 km、幅45 m)
・ケツァルコアトルの神殿
・ケツァルパパロトルの宮殿

古代都市テオティワカンを訪れるツアー

メキシコ トルーカ山 イーグルピーク登頂とピラミッド遺跡&カンクンリゾート 7日間

キーワードでツアーを探す

キーワードでツアーを探す

山旅 年間カタログ 請求 (無料)

山旅 年間カタログ 請求 (無料)

山旅倶楽部

山旅倶楽部

ポイント残高もご確認いただけます。

メールマガジンのご案内

メールマガジンのご案内
  • facebook
PAGETOP
Copyright © Travel Gallery All Rights Reserved.