ヨーロッパ、アメリカ、アジアなどの登山や山歩き 絶景の大自然の中のトレッキング 世界遺産をハイキングする ネイチャー専門のツアー会社

ロライマ山

LINEで送る
[`yahoo_users` not found]

ロライマ山を訪れるツアー

ギアナ高地 ロライマ山(2810m)登頂とエンジェルフォール遊覧飛行
ロライマ山 往復ヘリハイキングとエンジェルフォール

ロライマ山

世界遺産カナイマ国立公園:1994年にユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録

ロライマ山

ロライマ山は、ギアナ高地のベネズエラ、ガイアナ、ブラジルの三つの国境にまたがっているテーブルマウンテン。
標高 2,810mで、ベネズエラのカナイマ国立公園(世界自然遺産)内にある大小100程のテーブルマウンテンの中で最高峰の山。
1884年12月18日、イギリスの植物学者であったイム・トゥルンとハリー・パーキンスにより初登頂。
その時に撮影した写真を用いた講演会を聞いたシャーロック・ホームズの著者、アーサー・コナン・ドイルは、このロライマ山をSF小説『ロスト・ワールド(失われた世界)』の舞台にした。

1000m近く切り立った崖に登頂ルートがあり、山頂まで歩いて登ることができる。
山頂には、一面に水晶が落ちているクリスタル・バレー(水晶の谷)や、ベネズエラ・ブラジル・ガイアナの国境3つが交わるトリプルポイントの碑がある。

ロライマ山は、過酷な環境の土壌から栄養分を取れないために、モウセンゴケなどの食虫植物も多く存在する。
また、カエルの一種にかかわらず、水かきがなく、泳ぐことも跳ねる事もできないオリオフリネラが存在する。
このオリオフリネラは、オタマジャクシを経ず、卵からカエルに孵化する。

ロライマ山があるカナイマ国立公園は、1994年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。

ロライマ山を訪れるツアー

ギアナ高地 ロライマ山(2810m)登頂とエンジェルフォール遊覧飛行
ロライマ山 往復ヘリハイキングとエンジェルフォール

キーワードでツアーを探す

キーワードでツアーを探す

山旅 年間カタログ 請求 (無料)

山旅 年間カタログ 請求 (無料)

山旅倶楽部

山旅倶楽部

ポイント残高もご確認いただけます。

メールマガジンのご案内

メールマガジンのご案内
  • facebook
PAGETOP
Copyright © Travel Gallery All Rights Reserved.