ヨーロッパ、アメリカ、アジアなどの登山や山歩き 絶景の大自然の中のトレッキング 世界遺産をハイキングする ネイチャー専門のツアー会社

アンコールワット遺跡群と城壁ハイキング&幻の水中遺跡を巡る 5日間

  • HOME »
  • アンコールワット遺跡群と城壁ハイキング&幻の水中遺跡を巡る 5日間

ツアーのポイント

カンボジア 世界遺産を歩いてまわる
かつてインドシナ半島を中心に絶大な勢力を誇ったクメール王朝。その栄華を今に残すのが、世界文化遺産のひとつと「アンコール遺跡群」です。今回は、知名度の高い「アンコール・ワット」や「アンコール・トム」はもちろん、歩くことでしか訪れることのできない幻の水中遺跡「クバル・スピアン」、発見当時と変わらぬ姿の「ベン・メリア」など郊外の遺跡へも足を運びます。じっくりと遺跡ウォーキングをお楽しみいただけるように、3連泊いたします。カンボジアのベストシーズンに合わせて設定いたしました。

アンコールワット遺跡群と城壁ハイキング&幻の水中遺跡を巡る
体力1 世界遺産

  • アンコールワット遺跡群を歩いてまわります
  • アンコールトム城壁をハイキング
  • 郊外にある幻の遺跡にもご案内

世界遺産アンコール遺跡:1992年にユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録

アンコールトムの城壁を歩くアンコールトム 南大門

アンコールトムの城壁を南大門から西大門まで歩きます。

バイヨンバイヨン

アンコールトムの遺跡群を歩き、バイヨン、ピミアナカス、象のテラス等を見学します。

アンコールトムの城壁を歩くアンコールトム 南大門

郊外にある遺跡、クバル・スピアン遺跡とベン・メリア遺跡まで足をのばします。
クバル・スピアンは、聖なる山プノンクーレンの麓にある幻の水中遺跡で、川底、川辺に多くの彫刻が点在しています。
ベン・メリア遺跡は、崩壊が進み密林に静かに横たわる遺跡です。

アンコールワットの朝焼け

アンコールワットの幻想的な朝日を観賞します。

ツアー スケジュール

109:30~11:30成田・関西・中部・福岡発、空路、ベトナム一都市経由、カンボジアのシェムリアップへ。
着後、専用車にてホテルへ。
シェムリアップ(ホ)泊
2午前アンコールトムの城壁を南大門から西大門まで歩きます。
午後アンコールトムの遺跡群を歩き、バイヨン、ピミアナカス、象のテラス等を見学。
夕刻プノンバケンの丘に登り、夕陽観賞。
歩行時間 午前 約1.5時間 午前 約1時間 シェムリアップ(ホ)泊
3終日郊外の遺跡クバル・スピアンとベン・メリア遺跡まで足をのばします。
聖なる山プノンクーレンの麓にある幻の水中遺跡クバル・スピアンは、川底、川辺に多くの彫刻が点在しており、神聖な空間となっています。山道を歩き、平地では見られない、歩くからこそこご覧いただくことができる遺跡です。その後、崩壊が進み密林に静かに横たわるベン・メリア遺跡を訪れます。
夕刻夕食は、アプサラダンスを鑑賞しながらお召し上がりください。
歩行時間 約1.5時間 シェムリアップ(ホ)泊
4早朝アンコールワットの幻想的な朝日を観賞します。
午前アンコールワットとタプローム遺跡を歩きます。
午後後、「東洋のモナリザ」で有名なバンテアイスレイ遺跡へ。
夕刻空路、べトナム一都市経由、成田・中部・関西・福岡へ。
機中泊
506:30~08:00空路、成田・関西・中部・福岡着。

宿泊地施設に関して

(ホ)泊 = ホテル泊 (ロ)泊 = ロッジ又は山小屋泊 (テ)泊 = テント泊
ホテルはシャワー付ツインルームの2名様を基本としていますが、バスタブ付きの場合もございます。
ロッジ又は山小屋は複数名の相部屋の場合がございます。
ご予約前に必ず「宿泊ホテルに関するご注意」をお読みください。(リンクをクリックすると別ウィンドウで開きます)

宿泊予定ホテル

シェムリアップ:アンコール、モニカ・アンコール、アンコール・センチュリー、シティ・アンコール、アンコール・ホリディ、クレアメント、モノリーチ、アンコールミラクル

旅行代金 2017年 2018年

旅行代金

現地空港諸税および燃油サーチャージは、2017年9月1日を基準としており、現地空港諸税は為替レートにより変動します。燃油サーチャージは燃油価格の変動に伴い予告なく新設・変更・廃止されることがあります。
出入国記録書類作成・査証取得の代行は渡航手続き代行料金が別途必要となります。
海外空港諸税および国内空港施設使用料【福岡:970円/関西:3,040円/中部:国際線2,570円・国内線310円/成田2,610円/羽田:国際線2,670円・国内線290円】は別途必要となります。
発着地での旅行代金を示しております。公共交通機関にて移動する場合、最寄駅より空港までの交通機関はお客さ様ご自身の手配・ご負担となります。
発着地によっては、航空機の運航スケジュール・変更・遅延等により、前後泊が必要となる場合もございます。その場合の宿泊機関や空港までの交通機関等は全てお客様ご自身の手配・ご負担となります。

お申込みの前に 必ずご一読ください

 ・海外ツアー お申し込みからご出発まで ・海外重要事項・海外歩行クラスのご案内 ・宿泊ホテルに関するご注意

 ・会社概要 ・旅行業登録票 ・旅行業約款 ・個人情報保護方針

電話でのご予約・お問い合わせ

 東京:03-6380-2371 大阪:06-6456-4133 福岡:092-292-1029
 平日 9:30~18:00 土曜日 10:00~17:00 ※ 日・祝日 定休日

カタログ請求はコチラから

山旅 カタログ請求

ツアー カタログをお送りいたします(無料)。こちらからお申込みください。

山旅 年間カタログ 請求 (無料)

山旅 年間カタログ 請求 (無料)

山旅倶楽部

山旅倶楽部

ポイント残高もご確認いただけます。

メールマガジンのご案内

メールマガジンのご案内
  • facebook
PAGETOP
Copyright © Travel Gallery All Rights Reserved.