大自然を満喫! 登山 山歩き トレッキング ネーチャーウォークなど 感動の山旅にご案内。

槍ヶ岳 登山ツアー 東京発コース

富士山の次に絶対に登りたい5つの山 槍ヶ岳編

富士山の次に絶対に登りたい5つの山 槍ヶ岳編

槍ヶ岳は外せません!ご覧下さい。あの山容。かっこいいですよね~!名前の通り、槍の先のようです。

槍ヶ岳 北アルプスのシンボル

槍ヶ岳 北アルプスのシンボル

北アルプスの南部にそびえる槍ヶ岳は、北アルプスのシンボルです。標高は3180m。氷河に削られてできた尖った形から、日本のマッターホルンとも呼ばれています。登れるの?って思うほどの急峻な岩の山で、初心者向けの山ではありません。しかし、誰でもわかる、その美しい姿は登山者の憧れの山でもあります。

ガイドが紹介する 槍ヶ岳の魅力

トラベルギャラリー・旅の本棚には多くの日本山岳ガイド協会のガイドが社員として在籍しています。
ガイドに槍ヶ岳の魅力を5つに絞って、紹介してもらいましょう。

その1 スリルのある岩場登り

スリルのある岩場登り

槍ヶ岳の最も大きな魅力は山頂直下の岩稜帯。スリル満点です。とても険しそうに見えますが、しっかり整備されているので安全です。

その2 360°の大展望

360°の大展望

槍ヶ岳の狭い山頂からは、北アルプスはもちろん、遠くは富士山まで見渡せる360°の大展望。絶景の中の絶景を楽しめます。この見晴らしは達成感が抜群です。

その3 満天の星空

満天の星空

北アルプスの稜線にある山小屋に宿泊すれば、夜は満天の星空が楽しめます。あまりに星が多すぎて、星座がわからなくなるほど。流れ星もきっと見られます!

その4 多くの種類の高山植物

多くの種類の高山植物

槍ヶ岳では、シーズンになれば、多くの種類の高山植物が咲き誇ります。しかも、地上では見ることができない高山植物です。花を知らなくても大丈夫。一緒に登るガイドが教えてくれます。山のもう一つの楽しみ方ですね。

その5 ご来光

ご来光

山の上に泊まるからこそ見られる、ご来光。太陽が昇り、槍ヶ岳が赤く染まっていく様子はとても神秘的です。

槍ヶ岳に登ろう!

槍ヶ岳の山小屋、装備、歩行時間などに関してご案内しましょう。

槍ヶ岳の山小屋「槍ヶ岳山荘」

槍ヶ岳の山小屋「槍ヶ岳山荘」

食事は3000mの山の上にある宿泊施設とは思えないぐらいです。

槍ヶ岳の山小屋「槍ヶ岳山荘」

食事がお粗末だと、疲れが押し寄せてきますよね。でも、「槍ヶ岳山荘」だと、食事中も会話が弾みます!

槍ヶ岳の山小屋「槍ヶ岳山荘」

美味しい食事にビールやワイン!乾燥室に山の本がある談話スペースなどなど、登山者が楽しめる事を考えられています。

槍ヶ岳の山小屋「槍ヶ岳山荘」

槍ヶ岳に必要な登山装備

槍ヶ岳に必要な登山装備

基本的には富士山で使用した装備でOkです。ヘルメットのみ別に必要になります。ヘルメットが必要な区間は槍ヶ岳山荘でレンタルできますので持参する必要はありません。

気になる歩行時間と標高差

最も一般的な上高地から槍ヶ岳へは、おおよその歩行が16km・7時間・高度差2150mとなります。富士山に比べると歩行距離は長くなりますが、それは約9km・3時間の林道歩きが含まれるからです。

槍ヶ岳 登山コース

槍ヶ岳への登山コースはたくさんありますが、今回ご紹介するのは、雲上のトレイル3000m級の稜線を歩く絶景コース。氷河公園と呼ばれる槍ヶ岳を望む展望スポットを経由し、3000m峰4座にも登頂する縦走コースをご紹介します。体力は必要ですが、アルプスならではの絶景が連続し、感動と充実感が高いおすすめコース。ガイド同行ならではのコースと言えるでしょう。

上高地を出発

上高地を出発

出発は上高地から。爽やかな観光地のイメージがある上高地。梓川の透き通った水、河童橋からの穂高連峰の眺めは日本を代表する山岳景観です。

横尾までの林道歩き

横尾までの林道歩き

約9kmの広くなだらかな道。森の中を歩くので、森林浴が楽しめます。通常は横尾か徳沢で宿泊します。ここの山小屋は入浴施設も完備!下界の宿と比べても、さほど遜色はありません。

槍沢への登り

槍沢への登り

横尾を過ぎると、いよいよ山道へ。氷河が削った広い谷の底を緩やかに登っていきます。足元には可愛らしい高山植物が増えていきます。そして、槍ヶ岳を見上げるポイントへ。

雲上の楽園・氷河公園へ

雲上の楽園・氷河公園へ

天狗原分岐から槍沢を離れ、緩やかな石段を歩いていくと約40分で氷河公園の天狗池に到着。
天狗池に映る「逆さ槍」とその奥にそびえる槍ヶ岳は、ポスターなどでもよく見かける槍ヶ岳随一の展望スポット。8月中旬位まで雪に埋もれている場合があります。雄大な景色は時間が経つのも忘れて見入ってしまうほど。。ただ、今日の核心部はまだ先なので、心を鬼にして先へ進みます!

南岳を越えて南岳小屋へ!

ここからヘルメットをかぶって、準備完了。徐々に傾斜が強まり、横尾尾根に上がると北穂高岳が姿を現します。徐々に高度感も出てきて、鎖場や梯子は槍ヶ岳の良い練習にもなりますね!落石にも十分注意して、慎重に。槍穂の稜線に出れば、3032mの南岳はもうすぐ。山頂からの景色を満喫して、直下の南岳小屋に到着です。

南岳を越えて南岳小屋へ!南岳小屋は雲上の稜線に建ち、大キレット越しに穂高連峰や明日向かう槍ヶ岳を望める抜群のローケーション。特に朝夕の展望は神々しく、言葉を失ってしまします。穂高への縦走もいつか歩いてみたいコースですね。こじんまりとした小屋は清潔で快適!雲上の大パノラマを眺めながら飲むビールは至福の一言です。

3000m級のスカイランを稜線漫歩!

いよいよ、今回のメインイベント!昨日通った南岳、中岳、大喰岳(おおばみだけ)を越えて、槍ヶ岳を目指します。今日は槍ヶ岳を真正面に見ながら3000m級の稜線を歩いて行きます。まさにアルプスと言える雲上のトレイルです。比較的平坦ではありますが、岩稜なので気を抜かずに集中して行きましょう。ここは日本かっ!って思う位、登山者だけが見ることの出来る素晴らしい景色。だから、山は止められないっ!中岳、大喰岳を越えると憧れの槍ヶ岳が目の前に。

3000m級のスカイランを稜線漫歩!

いよいよ、憧れの槍ヶ岳へ!

3000m級のスカイランを稜線漫歩!

槍ヶ岳に到着し、不要な荷物は置いて、いよいよ山頂へアタック。

槍ヶ岳の山頂へ

適度な緊張感を持ち、慎重に岩場を登ります。ゆっくり、確実に、慌てずに。長いハシゴを登りきれば、山頂です!

槍ヶ岳山頂

槍ヶ岳山頂

狭い山頂からは、遮るものの何もない360°の展望!ここまで登ってきたしんどさを忘れさせてくれます。下りも慎重に!

写真を見て不安な方もいると思います。でも日本山岳ガイド協会のガイドが同行し、サポートするので安心です。富士山を登った体力があれば、きっと大丈夫! この夏は信頼できるガイドと一緒にツアーで槍ヶ岳にチャレンジしてみませんか!きっとみんな笑顔になれます。

 

トラベルギャラリー旅の本棚 登山ツアーのポイント

  1. 日本山岳ガイド協会のガイドレシオに基づき、槍ヶ岳の場合はお客様9名に対してスタッフ1名が同行。例えば、お客様が19名以上の場合は3名のスタッフが同行します。
  2. 歩行距離や歩行時間、標高差などの情報を記載。実際に歩く距離や時間そして獲得標高(登りと下りの標高差の合計)を確認できます。
  3. 登山旅行を扱い始めて30年以上の実績に基づく豊富な経験と実績

南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳縦走 ツアーの詳細

槍ヶ岳を望む景勝地、氷河公園から南岳を経由し、3000mの稜線を辿り、槍ヶ岳を目指します。登頂チャンスもたっぷり。下山は槍ヶ岳の最短コースの飛騨沢を経由し、新穂高温泉へ。3000m峰4座に登頂する槍ヶ岳のベストコースです!

旅行期間 9/16(土) ~ 19(火)
旅行代金 88,000円
食事回数 朝3回・昼3回・夕3回
宿泊施設 ①横尾山荘 ②南岳小屋 ②槍ヶ岳山荘
歩行 1日目: 10km・3時間 [獲得標高:390m]
  2日目: 9.5km・7時間 [獲得標高:1625m]
  3日目: 3.5km・4時間半 [獲得標高:670m]
  4日目: 10.5km・6時間半 [獲得標高:2095m]
日程 1日目: 新宿(7:00~7:30発)-特急あずさ-松本=バスまたはタクシー=上高地(1500m)…横尾・山小屋(1621m)【泊】 
  2日目: …大曲…氷河公園/天狗池…南岳(3032m)…南岳小屋・山小屋(2975m)【泊】 
  3日目: …中岳(3084m)…大喰岳(3101m)…槍ヶ岳(3180m)…槍ヶ岳山荘(3020m)・山小屋【泊】
  4日目: …槍平小屋…新穂高温泉(1090m)=バスまたはタクシー=温泉入浴予定=松本-特急あずさ-新宿(20:00~21:30頃着)

※ 申し込みにあたって、各種書類をご提出頂く場合がございます。

ツアーのご予約はこちらから

お電話でのお問い合わせ

東京:03-6380-2371 : 平日 9:30~18:00 土曜日 10:00~17:00 ※ 日・祝日 定休日

PAGETOP
Copyright © Travel Gallery All Rights Reserved.